mononohazumi

アクセスカウンタ

zoom RSS マザー・テレサのおっしゃる生の淵。

<<   作成日時 : 2005/10/26 16:02   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

E・キュブラー・ロス著ライフ・レッスンより抜粋。
〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 
亡くなる数ヶ月まえのマザー・テレサにお目にかかれる機会にめぐまれた。
マザーはわたしに、
生きることがとてもたいせつだとかんがえているからこそ
死にゆくひとたちといっしょにいることを、最大の使命としているのだと語られた。

「生はひとつの達成であり、死はその達成の成果です。」と、マザーはいわれた。
ほとんどの人は死を達成としてみていないばかりか、生も達成としてはみていな
い・・・にもかかわらず、生も死も達成なのだ。
死に直面しているひとはいつも、大いなるレッスンをもたらす教師であった。
なぜならば、生がもっともはっきりみえるのは、生の淵に追いやられたときだからだ。

〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 

生の淵。これが成長への大きな手がかりになるということ。
それを学ぶためにいまこの生の淵にあると考えればいいのだと、勇気づけられました。

一年半前の、春うららかな午後のことでした。
それまで、いっさいの予定は主人からの指示でなされ、分刻みのスケジュールに追い立てられる毎日だったわたしは、ずたずたになり、罵倒の嵐の中で、自分を完全に見失ってしまいました。どこを、どう歩いたのかさえ,記憶から飛んでしまいそうでした。
坂道を桜の舞い散る中を、ぼんやり歩いて、歩いて、それでも少しも疲れは感じることはありませんでした。半日、ぼんやりしていて、自分がまったくのパワーレスである。ということ。まさに、どん底の底つき状態に、あるということを、ぼんやり感じていました。

もはや、なにも思考できませんでした。
ああ、もうなにもできません。ここで、あらゆることをすべてお任せいたします。
だれに告げることでもなく、ただただすがり祈るという心境になっていました。

欠落していたもの。それは、おそらく外的なものではありません。
きっかけは、家族関係における夫のアダルトチュドレンゆえの不適切なコミュニケーションでした。しかし、ほんとうに欠落していたもの、それは内的なものであると、わかりました。

感謝するということ。今そなわってるものを、ありがたく感じるよろこび。
生きていくために必要なものは、外にあるものではなく、もうすでにわたくしの中にあるということ。そのことに集中して祈りを捧げていました。
特別な宗旨をもたないわたくしでしたが、この感情は、救いを求めるまさに、
”聖への希求”そのものでした。
”聖への希求”は、生へのいのちの拡充をよびおこすものとなりました。

しだいしだいに、こころの中に内的な拡充がもたらされました。
こころ休まる静寂さ、大いなる力に静かにいだかれ導かれている思いに満たされました。
それは、まさに超自然的な実在としての体験で、ひとことで言えば、知、情、意というこころのはたらきを、すべて含んだ体験でした。強烈で鮮やかな、いわゆる無意識の深層にまで到達する思い。生き方の道が、開示されるようでもありました。

このまま、このまま。この道を、これを信じてあるいていけばいい。そんな確信でした。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
はじめまして、先日はブログにコメントをいただきましてありがとうございます。すぐに気がつかなくてごめんなさい。
共依存症については詳しくはわかりませんが、私自身はうつの症状や喘息、アレルギーなど色々と持ってます。ブログでは語っていませんが、幼い頃から家庭内暴力とか、崩壊寸前の中で育ったせいか人より感受性が強いようです。
「居心地のいい場所で…」は私の幼い頃からのテーマかな?仕事をやめて旅に出たこともそうですね。今現在山歩人(主人)との暮らしですが普段帰りが大変遅いので日常会話ができない事が悩みです。日々の暮らしの中で会話が出来ない分ブログで解消しているのかもしれませんね。
「生かされている」事をつい忘れてしまいがちな
私ですが、ブログを通じて再発見する事もあります。そうそう、山歩人は山を歩くのが好きなのでブログではそう呼んでます。
最近はバタバタしてて更新できなくなってますがまた覗いて見てくださいね。
自遊人
2005/10/28 19:27
自遊人さま。こんばんは。お訪ねくださいましてありがとうございます。
ブログ名そのまま「居心地のいい場所で」での、
ふと目に入った花々や、山野の風景がとても素晴らしく印象に残っています。

そうでしたか。ご一緒に旅をして下さっていらっしゃるのが、山歩人さまだなんて!
ちゃんとご用意のバースデーケーキばかりは、自遊人さまのために、山を離れて探してくださったようでしたね。見せていただきまして、こちらまでキャンドルの灯りが、心に灯るようでした。

まだブログははじめたばかりなのです。どうぞ、よろしくお願い致します。楽しみに,寄らせていただきます。ありがとうございました。
パセリ
2005/10/28 21:09

コメントする help

ニックネーム
本 文
マザー・テレサのおっしゃる生の淵。 mononohazumi/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる